スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退院後の診察②

前回と同じく、脇に溜まった水を抜く処置へ。



腕が上がりにくく生活面でかなり苦労しているので、

その内の車の運転も控え中で

うちのおとんに送迎をお願いしている状態です。

ごはんの用意もちょっとまだしんどいので、退院してからの平日は実家で夜ご飯をいただきに行っています。





予約時間より20分オーバー。

主治医の先生が「どうですか~?」と訪ねてきたので

「もうハンパないほど腕の運動が痛いです・・・ こうするとピキーッとつったり、この辺が何痛がわからないけど痛くて・・・トホホ」 と答えたんだけど、

やっぱり結局は皮膚を伸ばしてるから引っ張られて硬くなってるようです。

引っ張られる部分にホットタオルで温めたり、お風呂に入って温めてモミモミして柔らかく緩和させるのも手らしく。

というかまだキッチリ自分の傷見てない(笑)

いつかは見ることになって、それも平気になってくるんだろうけど勇気がぁぁぁぁぁぁぁぁ~



脇周辺をグイグイまた押されて

「あ、今日はもういいです。何もしないでも大丈夫ですので」と、

水抜き処置もナシ。

いろいろ気になることを訴えてアドバイス聞いて終了。



「もう傷のテープも自分で取ってもいいですからね、お風呂も入ってくださいね」って言われました。

おっかなくて自分でテープ剥がせないので剥がしてもらえば良かった・・・・・・・



まぁね、体を温めることはやっぱりいい事らしいのでお風呂にゆっくり入ったほうがいいんやろうね。



汚い話で恐縮ですがー。

入院してから上半身をまともに洗ってないので(←ホットタオルで拭くのみやってました)

こないだ左上腕と左上胸をタオルで強めにゴシゴシしたら垢が出るわ出るわで(爆)

これ、あかすりタオルだったらどんなに取れるのかちょっと興味津々なんだけども。



というか背中全体を一回綺麗に洗ってほしいです。汗かきなので。





本日の診察代:210円





次回はいよいよ病理検査の結果です・・・・・・・・・・・・・・・あぁぁぁドキドキする・・・・・・・・・・・・・・・







スポンサーサイト

問題。

右胸がなくなり、問題が浮上してまして。

下着です。



今は入院中に必要と言われた俗にいう『マタニティー用前開きブラ』をしぶしぶ使用中。これしかないし。

綿100%で柔らかく、ワイヤーとかがないので脇らへんとかアンダーらへんがとっても楽なんだけど、

片方ないとすごくすごーくアンバランスで。

すごくすごーく残念な感じで。

誰にも見られたくないって感じで。

ペッタンコのほうにミニタオルとか入れてごまかしてもいいんだけどさ。家にいる時はそのまんま。



この先、パットとかいるようになってくるんかなぁ・・・・と面倒臭い気持ちが。

それももらった専門カタログとか見ると結構なお値段で。

まぁ専門なやつじゃなくてもいいから安いので試してみるか。





現在の条件はやっぱりワイヤーがない、しめつけゼロ!っていうものがいいので、

いろいろとカタログやら見てたら可愛いの発見♪











【フェリシモ】ina:365

レトロストック柄製 ガーゼハンカチのブラ&ショーツの会

コレクション番号:613473

\3,400(税込み価格)



コットンガーゼの素材でワイヤーなし。

触った感じフワフワで汗も吸収してくれそうな商品でナイス下着です。

実はさっき届いた(笑) 初回はパープル。 

後ろを止める動作も腕のリハビリだそうです。(主治医に借りたリハビリDVDの解説より)



右側が確実カパカパするだろうから、使う時とりあえずタオルでも入れてみます・・・・・・・・・





退院後の初診察

退院の時、次の診察予約を入れられていました。

1週間後。



この時にもう病理検査の結果が出るのかとヒヤヒヤ&アセアセ&ドキドキ&ブルーな気持ちでした。

オペから10日経つし、結果がもしかして出ているかも?と外来看護師さんが言うので、

旦那とうちのおとんが一緒にセンターへ来たんだけど、

約1時間半も予約滋賀かから待たされて結局まだ検査結果の資料は全部揃ってないし、それに対しての検討もまだしなくちゃならないのでまだです・・・・・



と主治医が苦笑いで言ってきて。

看護師も仕事を抜けてきた旦那に平謝り。





ということで、傷の具合や水が溜まったものを抜いたりする処置で終了でした。

「はい、上脱いで横になってくださいね」

って簡単に言うけど、腕は上がりにくいし後ろに回せないしで洋服の脱着がかなり困難なのに看護師も手伝いナシかよ。。。



まだ自分の傷をまともに見たことないので(というか見たくない、現実が怖いので逃げ)横になりながら見ないように脱いで、

脇周辺に何やら刺して?水抜き処置。

これが先生容赦なしにグイグイ傷や脇らへんを押さえたり絞ったりでスパルタすぎる・・・・・・・!!

終始あたしは「イタッ!痛い!痛い!イタタターッ!」と声をあげっぱなし。

しかも言うこときかない腕を横方向後ろ方向に伸ばしての体勢だったからダブル痛い。



「えーっとね・・・・もうちょっと腕や脇や肩を動かすリハビリをやってくださいね。あんまり動かさないと脇のシワが硬くなっちゃって固まっちゃうから。やってる??」

と忠告受けまして(笑)

何気に努力して腕や脇を伸ばしたりする運動やストレッチはやってるんだど、

自分だと痛さに加減しちゃってダメなんですよ。

痛くても我慢してできる限りの所まで伸ばしたりしろ ということですかね。



「ほとんどの患者さんは病理結果が出る頃には普通に腕上がってますから(苦笑)」 と言われてビックリ。

絶対無理?な気がします。

マジで痛いし!!

こんなに腕をあげることがキツイなんて・・・・・・ハァ。

脇周辺と右胸の筋肉が鉄板のような硬さなんでもっとほぐしていこうと思います。





あー痛い痛い・・・・・・・・



また溜まった水を抜く処置をするということで次回8月31日に予約。





本日の診察代:210円















入院8日目【退院】

予定より早めの退院。

1週間の入院生活、お疲れ様!



かゆくんには保育園へいってもらって、旦那と退院手続きしました。

今後の日常生活をどうしていったらいいかとか、自分でリハビリがてらどう動くか内容もキッチリ指導されてなくて・・・?

オール個室で過ごさせてもらって、結果よかったと思いました。

保険非適応のベット差額代+33600円。





久々に太陽を浴びた!外はめっちゃ暑い・・・!!

このままランチへ行くのは早かったから、一旦自宅へ戻り。

自宅のリビングドアを開けたら正面に

『おがあさん たいいん おめでとう』 の垂れ幕(笑)

旦那とかゆくんが一緒に絵の具や折り紙やクレヨンを使って作ってくれたようです。

めっちゃ嬉しかったです。

なぜか『おがあさん』だったのは別として。

千羽じゃないけど鶴をつなげた首飾りも作ってくれてありました。

家族っていいもんです。ありがとう。





荷物の片付けをセッセとしてから、念願だったラーメンを食べに(笑)

普段たまに食べてるラーメンも今日は格別美味しかった~~~~っ!!!



そして冷蔵庫が寂しかったので、ちょっとだけスーパーへ買い出し。

退院したての人が普通にスーパーで買い物・・・・・・・

傷は痛むけど元気はあるからね。

けどやっぱり右腕が疲れやすくなってる感じがします。

重たいものを右腕では持たないようにと言われてるので気をつけなくちゃ。





かゆくんが保育園から帰ってきて、おかあさんがおうちにいることが嬉しそうでした。

ふとした拍子にかゆくんの手や足が飛んでくるのを絶対防御したいので、

「ココ(右胸)はおかあさんおケガしてて痛いから当たらないように気をつけてね」ってわからんだろうけど一応忠告。

それからは今まで容赦なしに飛んできてた足や手や頭がこない。

膝の上に座ってきても頭をもたれようとしてこない。



かゆくんなりに理解してくれててカバーしてくれてるんだと思います。



まだ傷はよう見せれないけど、傷を見た時にどんな反応をするのかちょっと切ない気持ちになりました。





いつも夜は3人並んで狭いダブルベッドで寝ていたんだけど、

寝相が悪いかゆくんに蹴られないようベッドの隣に敷布団を敷いて急遽あたしの寝るスペースを作りました。

しばらくはこのスタイルで。

あたしも寝る体勢がなかなか難しく、右を下にできないし、右腕はちょっと高くして寝たほうがむくみ対策なるという話だし、

脇の違和感が気になって寝付けないし・・・・・・・

けどやっぱり我が家の布団で寝るのはサイコーだね!!













入院7日目

ドレーンも抜けて動く時はだいぶ楽になりました。

ただ痛みがあったりで常に右前かがみのスローな動きです。



かゆくんは今日から保育園再開。

特別嫌がることなく登園していってくれたそうな。

旦那には自分のやりたいことを自由にできるこの貴重な時間を使ってもらって、

病院に来るのはいいよって言ってあったんだけど

お昼ごはんの時間に来てくれて一緒にご飯食べました。

この精進料理も最後かぁ~!!



あたしのいない間に今までやりもしなかった庭の手入れや野菜のお世話もすっかり板についたみたい。

庭になってるきゅうりとさくらんぼトマトが大豊作☆

秋から何を植えようかねぇ・・・・







病院へ来て1週間。早かったような遅かったような。

もう入院なんてすることのないように。

これからの治療をできるだけ頑張ろうと思います。









入院6日目

急遽退院が決まって、「○日に行くわ~」って言われてた友達何人かに報告メール。



面会第二号、仕事してる会社の社長奥さんとスタッフの女の子。

社長のグチや、これから新しい事をやりだす話や、あたしが復帰しても席はちゃんとあるんかとか(笑)

お見舞い金までもらってしまってありがとうございました。



そしてそのあと面会第三号、友達のtomokoとぶじ。

tomokoの新しい恋バナが聞けておもしろかった~。シアワセそうで何より!羨ましい!!

お花もありがとう。

とりあえずぶじには排卵検査薬をすすめてオーストラリアヘ帰ってもらいました(笑)





家の事をお願いしていた旦那のおばあちゃんおじいちゃんが昨日帰って、

旦那とかゆくんの2人きり生活スタート!

といってもお母さんは木曜日におうち帰るけどね。

おかあさんがいない間、かなりワガママ言いたい放題したい放題・・・・・

にぎやかだったおうちが静かになって、かゆくんは物足りなく寂しかったようです。

いとこのS太ともっと遊びたかったみたい。

また遊びにいこうね。







「今日ドレーンが抜けますので~」と言われて、夕方になっても全然あの若い先生も来ないのでどうなってるんやろうと思ってたら、急患が入ってなかなか来れない様子。

結局来たのは21時回ってて。遅っ。

先輩医師の指導を受けながら処置する若い先生・・・・・大丈夫か!?

あっさり抜けて開放的!!!

廃液はそのまま体内に吸収されるみたいです。不思議だねぇ・・・



寝がえりは痛くて全然できないけど、ドレーンが抜けて邪魔な物がなくなったのでストレスも少し緩和。

ただ背中がやたらと暑くてかゆくて寝られなかったので、

22時すぎに看護婦さんにお願いして冷たいタオルで背中全体を拭いてもらいました。気持ちイー!!





退院まであと1日。



入院5日目

入院5日目にもなると家の事が気になるし、はよ帰りたいなぁ・・・と。

今までは痛い時や夜寝る時には我慢せず痛み止めを服用してたんだけど、

お世話にならなくても大丈夫なくらい時折来る痛みにも我慢できるようになりました。



お盆時期ということで、全く面会者がなくて退屈相手に誰かこないかな~と思っていたら、

面会第一号で荒井さん登場!

小さなスイーツ屋さんのオーナーでもあり、以前一緒に仕事をしていたよき話し相手。

持ってきてくれた和菓子を食べながらたくさん話ししました。





そして午後からは義妹ファミリーが茨城帰省の帰りにわざわざ寄ってもらいまして。

かゆくんもいとこのS太に会えて嬉しそうでした。

4月に生まれたばかりのY斗君、顔見た時にニカ~ッと微笑んでくれて。



せっかく来てもらったので、しばらくおしゃべりをしてそのまま自宅に遊びに行ってもらいました。





脇から出てるドレーンの廃液の量もだいたい50cc前後になってきた様子。

最近このドレーンが出てる部分が当たって痛い痛い・・・

と思っていた夕方。

主治医の先生が様子を見に来てくれて傷の状態や廃液の量や色を見ると



「経過もいいようなんで、明日ドレーン抜いてもらいますね。そしたらもう退院してってもらっていいんでー」



おっ、ラッキー!予定より早い!!と心の中で思いながら先生に

「え。もう外れるんですか!」と聞くと

「はい、もう明後日か木曜日には退院してってもらっていいんで・・・・どうしますかぁ?」



って早っ!!早くないか!?



まだまだ傷は痛いし、ドレーン外した後なんてしばらくソコ穴開いてるんだろうし、

退院してってからどういうふうに生活してっていいんか不安やし!



とりあえず明日ドレーン抜いて明後日早速退院してっていうのは自分でも戸惑いもあるし急すぎるので、

余裕を持って木曜日にしてもらいました。

それにしても・・・・・予定外の入院期間。1週間でした。(予定ではオペ後10日間)



嬉しいやら不安やら。

けどやっぱり帰れるのは嬉しい!



旦那がお盆休み最終日に退院で良かったです。



退院した日のランチは絶対ラーメン食べたい!!!



入院4日目

脇の下についてるドレーンから出てくる廃液??があるんだけど、

オペ日~翌日は300ccくらい溜まっていました。

「血が混じらず色がキレイになって1日50cc前後になればドレーン外せますよ」と

オペ後だいたい10日くらいで退院らしいんだけど  



・・・・え、まだ1週間以上あるやんっ!!





自分で歩いてトイレ行ったりごはんの配膳をしたりするんだけど、

傷が痛くて痛くて歩くのも何するにもスローな感じで。

力入れると痛いんです。



最近センターに来たという若い男の先生が一応サブで担当してくれてるんだけど、

あんまりこの病気についてまだ知らない風な感じで、

「オイオイ、あなたに任せて大丈夫ですか?」と心の中でずっと思ってました。

「傷をちょっと見せてくださいねー」



トントン 





ウギャーーーーーーーーーーー!!!痛いっつーの!!!



「あ、ここ痛い感じですか。ここは?」



あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ーーーーーーーーーーー!!!だから痛いからやめぃ!



「ははーん、ここも痛いですよねー。はい、わかりましたー。」

「まだオペして2日ですから痛いのは普通なんでー。傷みが増すようなら別なんですけどね、はい。」

 

痛いってわかるなら触るなボケ!!





朝の訪問では地元で有名なお団子やさんのみたらし団子を差し入れてくれました。

うまーい!!

そして夕方にはsidoのパン♪ 



かゆくんは訪問しにきたら決まってベッドの角度を変えて

「すべりたいみたーい」とシーツもグチャグチャになって滑ってたり、

でんぐり返りしてみたりで迷惑きわまりない行動をされます。



あー個室でよかった・・・・・・・・・・・・・・・・・



ほんと。個室を使わせてくれて助かりました。

隣の相部屋にいるおじいさんは、看護師さんを呼ぶ時にデカイ声でずっと

「○○さん、○○さんいますか。どうか、来てください。お願い申しあげます。誰か、いませんか。」と

深夜でも昼間でも叫んでて。

一緒の部屋だったらもうストレスでしょうがない。





いんな患者さんがいて看護婦さんも大変です。





















入院3日目

長い夜は明けて、朝方ようやく尿管と点滴が外れてめちゃくちゃ開放的に。



術着は乱れまくって何がなんだかわからない(笑)

看護師さんに背中を温かいタオルで拭いてもらってサッパリして、パジャマに着替えました。



ちょっと力を入れたり腕をあげたりすると激痛が・・・・・・

泣きそうでした。



一生右腕がいうこときかないようになったらどうしようかと思っていました。





な、何か飲みたい・・・・・・・・・・・・・・・・・と 切実に思っていたので、

朝6時に絶食絶飲が解禁されて冷たいお茶をガブ飲み。



あーーーーーーーー生き返るーーーーーーーーーーーっっ!!!





待ってました朝食と思って出てきたのはお粥とちょっとしたおかずとお味噌汁のみ・・・・・・・・・・・・・・



いくらお腹が空いててもこのラインナップでは食欲出ず。ほぼ残し。



メールは余裕でできたので、早速旦那に配給希望(笑)





旦那とかゆくんはだいたい1日朝と夕方に訪問。

そのたびに差し入れてくれるので満足でした。



かゆくんも状況が半分くらいはわかってるのか、おうちでもおりこうさんにしててくれてるようです。

口うるさくて怖いお母さんがいないのでワガママし放題らしいけど。



今日はおばあちゃんとおじいちゃんと旦那で『ROUND1』(ボーリング)へ行くんだって。





オペ後1日目であたしはまだ人と接する余裕がなかったので、

ベッドの上でテレビを見たりラジオ聞いたりしてのんびり過ごしてました。





それにしても病院のごはん、美味しくなーーーい!!!



入院2日目【オペ当日】

睡眠薬のおかげなのか緊張をよそにそこそこ睡眠できたんだけど、

病院のベッドの狭さと枕の小ささと堅さが問題でした。

なので旦那に病院へ来る時、マイ枕を持ってきてもらうよう切実にお願いしました。



オペは9時30分。



オペを前に6時頃起こされて何度か検温&血圧。

8時30分ごろ術着に着替えて。

9時前に点滴開始。



わーーーーーーーーーーーーーーーー!!! と心の中で緊張の叫び連続。



旦那とかゆさん、旦那の親、あたしの親 全員集合。

9時30分前、いよいよオペへいざ出陣。

みんなでゾロゾロと歩いてね。



家族の人は家族控室で待機。

旦那とかゆさんには『付き添いの人はここまで来てもいいですよ~』の扉まで送ってもらい、

「がんばれー」と励ましのエールをいただき、

シルバーの重そうな扉は閉ざされ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 





あーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!



緊張MAX。もうダメです。後には引き下がれず・・・・・・・・・・・・・・・・



ドラマとかに出てくるようなオペ室よりかシンプルでだだっ広くてちっちゃなベッドが真ん中に置いてあり。

「はーい、ここに横になってくださーい」 って自分で横になり、

看護師さんや麻酔科の先生が口頭で説明しながら処置していく。

あたしがもう緊張しすぎて

「本当にお願いしますよー!!!!!」「緊張しすぎてもうダメですー!!怖いぃぃぃぃぃぃぃ!!!!」と

ずっとしゃべってたんだけど。





いよいよ麻酔の点滴が入るってところで、自分がどう全身麻酔に落ちていくのかちょっと興味があったので

ひたすら「みなさんお願いしまーーーーーす!!!!真剣頼みますよーーーーー!!!」と叫び続け、

「はーい、麻酔入りすよー。200cc入りましたー」の麻酔科の女の子の声で



「わぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーー!!みなさんにかかってますからお願いしますーーー!!!」



































そして。







パッ と目を開いた時に見えたのが時計で、 13時  でした。





あれ・・・・・・・・・・・



ウトウトウトウトウト・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





あれ・・・・・・・・・・・??



ウトウトウトウト・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





え、終わったん!??

全然記憶ない・・・・・・・・・・・・



ウトウトウトウトウト・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





と、オペが終了して麻酔から覚醒して自分のベッドに移してもらってそのまま病棟5階へ直行。



部屋に入ってようやく意識もハッキリ戻ってきて一番最初に見えたものは、

かゆくんが美味しそうにあんぱん食べてる光景。



か、過酷すぎる・・・・・・・・・・・・ お母さんはお腹が減っているのだよ。





『2時間から2時間半くらいで終わりますよ』と言われてたのに、

12時30分になっても出てこず、

誰からも何も報告なく、

みんな心配してたそうな。



結果、麻酔から覚めるのに時間かかったという事で。







麻酔に落ちて行く瞬間を全く覚えてないのが麻酔のスゴイとこやね。

ほんとあの一瞬。いつ叫び終わったんやろうと考えても全然覚えてないし。



オペ中につけていた人工呼吸器の管のおかげで喉に違和感があったんだけど、

それよりか体に点滴やら尿管と脇下にドレーンがついているのが苦痛だった。

動きたくても動きづらくてめちゃくちゃ苦痛。

同じ態勢で寝ているもんだから、背中が痛くて何度か看護師さんにさすってもらいました。

寝返りも左下にしかできず、それも力がいるから傷は痛むし散々・・・・・・・



みんなが帰ってからは孤独で寂しい夜でした。





お腹は空くし、飲み物は飲みたいし、グッスリ寝つけず、ウトウトしては起きての繰り返しで、長い夜は明けました。







入院1日目

病院のごはん・・・・おいしくないです。

味がかなり薄くて。

塩分控えめ!主張してます。



たこ焼きとか焼きそばとか食べたい!

アンパンマンふりかけ持ってきといてよかった~。





21時に下剤と睡眠薬飲むんだけど、それから明日の夕方まで絶食&絶飲!



オペは明日の9時30分。

最後に自分の右乳房、じっくり?見てお疲れ様とさよなら言おう。

入院前のラスト診察

入院前最後の診察でした。

診察といってもセンターに初診した時だけしかしてないんだけどそんなもんなんなのかねぇ。

オペに対しての最終決断報告や相談だけでした。



なんだかんだ言っても結局全摘したほうが安心でしょうということで、諦めて全摘にしました。

リンパもセンチネルリンパ節生検をせず、最初から取る方向となりました。

なんでこう自分の希望が1つも通れなかったのか・・・・・・・・・・・・・・・悔しいです。

今後の精神的苦痛や傷の具合、リンパの後遺症とかが気になります。

乗り越えていかないといけないんだけど。

 

「自分だけじゃないんだ」と思って。





妊娠については、まだオペ後の病理を見て治療に入らないとわからないようで。



「まぁ5年のホルモン治療が終わっても40だし、また生理が戻ってくると思いますけど、不妊治療してたり、まだ1人もお子さんがいないという方は治療中に考えていかないところなんですけど、

1人はいることだし、まずは自分の命を最優先してもらってもいいんじゃないですかね~」

って先生は言うけど、

1人いるからってこっちにはこっちの希望があるんじゃい。



右乳房も失い、リンパも取り、妊娠は??? って、あたしの希望ひとつくらい叶えさせてよ。



諦めないよ、絶対。



ホルモン治療を途中で切り上げてあたしに再発のリスクが出てこようが、

かゆさんの妹か弟を作ってあげられることのほうが優先。



絶対残してあげたい。







ということで、入院について看護師さんが説明してもらい終了。



さすが出産した時のレディースクリニックとは違って総合病院は設備がない!!

身の回りの物は全て持ち込み、パジャマやらお箸やらタオルやらコップやら・・・・・・・・・

その準備もいるので週末は買出しです。



電化製品はダメらしく。電気ポットもラジカセもダメ?

さすがに病院での無音生活がたぶん耐えられないので、

テレビ以外のポータブルDVDとかラジオがほしいとこなんだけど。

ポータブルDVDは新築祝いで知り合いの人が買ってくれるそうなのでOK。

病室でゆずのライブDVDでも見てテンション上げます(笑)



そんな元気、あるんかい?







入院は12日の9時30分。早いって。もう少し家にいさせて。



 

またブログは携帯から綴っていけたらいこうと思います。

ライフスタイル

乳がんの原因。



いろいろネットや専門書を見てみると





食生活

ストレス

冷え性

喫煙

遺伝



この5つが必ず挙げられてるんですけど。



当てはまるとすればストレスと冷え性。

不摂生してないのに!なんでと聞きたい・・・・・・・・・





乳がんが発覚してから、食生活はガラッと変えています。

自分でできることは少しでもやって、今後いい方向にしたいと思っています。



とりあえず!

4本足動物の肉絶ち。鶏肉はいいらしいのでたまに食べてます。

けどそれでも恋しくなったらハムやソーセージを少しだけ食べ.るのは許してください。



乳製品×。

そのままの牛乳・ヨーグルトは最近全然摂ってません・・・・・・



コーヒー飲料×。体を冷やすんだって。

けどたま~にカフェオレが飲みたくなるんだなぁ・・・・・コレが。



玄米ご飯。

皮が口に残るのがちょっと気になるけど、噛み応えがあって美味しいので食べてます。

かゆくんには抵抗あると思うので、別に白米を炊いて冷凍庫に保管してあるものを食べてもらってます。



夏でもご飯の時は熱いお茶。



野菜ジュース毎朝飲んでます。

絞りたて、作りたてがベストなんだろうけど、カゴメさんにお世話になってます。

かゆくんといつも取り合いです。





完全に絶ち切るのは逆にストレスにもなるし、ご飯を作る時間や手間もかかるので難しいけど

食事療法もひとつの手だと思ってます。



けど内心では「美味しい焼肉食べたいなぁ~~」って日頃から思ってるワケで(笑)





冷え性を何とかしなくては。

がん細胞は熱に弱いらしいので、体温をグングン上げないと。

外は暑いけどなるべく肌を出して冷やさないように長袖か7分袖を着てます。

ちなみにあたしの平熱 35.8~36.0℃ です・・・・・







プロフィール

*miyu63

Author:*miyu63
チビで童顔な35歳@母4年生。
乳がんのホルモン治療が終わったら、かゆさんの妹か弟を妊娠&出産!諦めないよ。

★しごと: 某建築工務店企画広報・ショップスタッフ
★すき: たーくん@旦那35歳/かゆさん@子ども4歳/おしゃれ/人間ウォッチング/友達/ゆず/ハンドメイド
★きらい: 度胸がいること/ゴキブリ/時間にルーズな人/チーズ/納豆

せいちょう

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。